メルマガで集客する方法

メールマーケティング

メルマガ集客のために、読者を地道に集めている方は多いと思います。

コツコツとブログから呼び込んだり、セミナー参加者を配信リストに登録したり、名刺交換した人に送ってみたり・・・。

結構大変なのではありませんか?

「見込み客のメールボックスに届く」「プッシュ型営業ができる」メールは強力な集客ツールであり、これに代わるものはまだ存在していません。
敢えて言うのでしたらフェイスブックのメッセージとLINE@くらいでしょうか。

メルマガの集客効果はいかがでしょうか?

メルマガから申し込みが来ることはありますでしょうか?
あるとしても、十分な集客結果は得られていないのが現状だと思います。

理由は明白です。

配信部数も回数も少なすぎるのです。

多くの小規模事業者にとって、今やメルマガ読者を集めることは非常に困難であり、数万人規模の大量の読者を集めることはほぼ不可能な状態になっています。
スモールビジネスを展開する人にとって、もはや大量一斉送信メルマガは得ることのできない集客ツールとなり、メールマーケティングは別のやり方をしなくてはならなくなりました。

メルマガ集客・読者増は極めて困難な時代に。しかし・・・

メルマガ創世記は、日刊で発行すれば次々と読者が集まったものです。
しかし今は、無条件でメルマガに登録してくれる人はとても少なくなりました。

価値の高い商品との引き換えや、よほどお得な情報を提供しない限り、メールアドレスという個人情報を提供してくれる人はいないのです。

だからと言って、メルマガに代わる集客媒体が育っているのかと言えば、それもないというのがこれもまた現実。

口コミによる紹介や、自らが宣伝をして歩きながらの受注に頼っている方も多いと思います。

効率が悪くなったとはいえ、メールによる集客は、まだまだやめることはできません。

となれば、我々がやるべきことは、メルマガに変わる媒体を育てること、そして、大量一斉送信に頼らないメールマーケティングの実践です。

言われてみれば簡単なことのようですが、これは中々難しいことです。

しかし、集客力を強化するためには、面倒くさがらずにやるしかありません。

メルマガに代わる媒体を模索する

メルマガに代わるプッシュ型媒体と言うと、フェイスブックのメッセージやLINE@が、それに近い存在になるかも知れませんが、FAXがメールに置き換わった時のような大きな変化と比べると、それは僅かな違いでしかありません。

次にくるものはテレパシーのようなものでしょうか? 未来のオフィスでは、全く違うコミュニケーションが取られているのかも知れませんね。

というわけで、この記事を執筆している現在(2014/09/24)時点では、メルマガに代わる新しい効果的な媒体は存在していません。

また、動きがあったらお知らせしますね。

2015/02/27追記

現在、やはりLINE@が台頭してきています。
業種によっては実店舗がなくても利用可能になり、金額も無料からスタートできます。
今後、急速に伸びてくるメディアでしょう。

メルマガを配信するのはいつ、何曜日何時?

あなたはメルマガをいつ読みますか?
メールマガジンのマーケティングでは、配信のタイミングはとても重要です。

他のメールに埋もれないためにも、タイミングまで注意を払って運用したいところです。
配信する曜日、時間を何パターンも試して、ベストな時間を割り出します。

開封率、精読率などがそれに当たりますが、一般的なメルマガ配信システムでは計測も難しいですから、最初は申し込み件数などで比べていきましょう。

あなたがターゲットとする読者によって、メルマガを読む時間は異なります。
朝の通勤電車の中で読む人もいれば、お昼休みに読む人、寝る前に読む人、週末に読む人、様々です。

サラリーマン狙いの場合は、情報収集は朝、セミナー申し込みなどは休み時間や帰宅後に行うことが多いです。
あなたのターゲットの日常をよく考えて試していきましょう。

一般的な例としましては、もしあなたがネットショップを経営しているのでしたら、金曜日配信を試してみましょう。

週末に買ってくれる人に向けて情報を送るイメージです。
サラリーマンでしたら月曜日や金曜日は避けて、火曜日や水曜日に。
主婦であれば午前中は避けましょう。

もしこれらの時間に配信して反応がないようでしたら、別の時間を試してみましょう。

また、個人向けと企業向けで配信時間も変えてみましょう。

個人は通勤時間、昼休み、帰宅して夕食の後、寝る前などの自由時間に。
BtoB(企業向け)なら、朝礼や会議が終わった後(朝11時~)や、夕方16時くらいなどからテストをスタートしてみましょう。

メルマガの効果を高める

やめることができないメールマーケティングですが、先述の通り、その効果は以前と比較するとずいぶんと弱くなっています。

その原因の一つが、架空請求詐欺業者や情報商材アフィリエイターの書く、一斉大量配信メールにあるでしょう。

これらの業者がよく使う過剰なキャッチコピーによる顧客獲得は、ダイレクトレスポンスマーケティングなどと呼ばれ、一時期もてはやされました。

確かに効果の高い、マーケティングでは必須の技術でありましたが、悪徳業者やアフィリエイターに多用されたことで、技術もIPもすっかり汚れてしまい、胡散臭いものの象徴のようになってしまいました。

また、まともに読者を集めて、せいぜい100~1000名の読者しかいないメルマガは、仮に1%のCTRがあったとしても1~10クリック。

10人がホームページを見てくれたとして、一体何人が申込みをしてくれるのでしょうか。

そう考えれば、大量一斉送信型のメルマガはスモールビジネスにとっては、あまり役に立たないとも思えます。

かつての書けば読者が増えた時代にメルマガを始めた起業コンサルタントに、大したノウハウもなく奨励されメルマガに時間を費やす起業家は、時間をドブに捨てていると言えなくもありません。

スモールビジネスで生きるメルマガには書き方があります。

2ステップメールマーケティング。

弊社が行っている独自のマーケティングノウハウです。

メルマガ読者様に随所で様々なTIPSを公開、解説していきますので、このページを最後までお読みいただき、アドレス登録をなさってください。

メルマガ読者増について

  • 読者の生の声の掲載は、メルマガの信頼性を高めることになります。
  • あなたのメルマガがどれだけ読者のためになったのか、事例を集めて公開しましょう。
  • 事例をたくさん掲載すると、あなたの信用、記事の信憑性が高まります。
  • 転載可能な記事などを用意すると、宣伝をしてくれる場合があります。
  • 原文なら転送しても良いという許可を与えると、効果的なクチコミが発生します。
  • メルマガ発行者同士で相互に宣伝し合うと、読者増につなげることが出来ます。
  • 知識を増やす記事だけではなく、読者が再利用できる記事も盛り込みましょう。
  • 読者を増やすには、ホームページやブログからも呼び込みましょう。
  • 最初から広告を貼り付けても効果はありません。一定の期間が必要です。
  • 理論の紹介だけでなく、体験に基づいた記事を書きましょう。
  • 読者プレゼントをすることで解除率を下げることにつながります。
  • 読者専用サイトへの誘導、読者割引など、プレミアを用意しましょう。
  • 記事下にプレゼントや割引情報を書いて、精読率を高めましょう。
  • 商品レビューや、書評、Q&Aの紹介などは、ネタが切れずに重宝します。
  • 読者専用のコミュニティーを設けると、身近に読者に接することができます。
  • タイトルが大切です。魅力的なタイトルをつけましょう。
  • コミュニケーションが大切です。読者との関係は常にマンツーマンです。