アフィリエイターに負けない「本気のSEO」の方法をご存知ですか?

SEO

マーケティングコンサルタントの新井です。
今日は、「アフィリエイターにも負けない本気のSEOの方法をご存知ですか?」と題して、ブログで起業したり、お金を稼ぎたいと思っているのに、いくら頑張ってもそれが実現できない方のために、ヒントをプレゼントしたいと思います。

いえ、ヒントと言うよりも、答えそのものです(笑)

実際に多くの人がもつ上位表示できないという悩み

この記事をお読みのあなたは、「SEOで記事を上位表示させたい、けれどできない」という状況にあるのだと思います。

その理由はいろいろあるでしょうが、一生懸命にコンテンツを増やしているつもりなのに結果が出ないという場合、多くは、「アフィリエイターやアドセンサー、キュレーターが作っている、あなたから見れば『内容のない、クリック狙いの意味のないサイト』が上位に来てしまっているから」ということがあるかもしれません。

そうなんです。
それは多くの起業家、コンテンツホルダーの悩みになっています。

実際に、検索結果として上位に出てくるホームページを見ると、商品やサービスを持っている人が集客の為に運営しているサイトやブログよりも、自分では商品を持っていない、他人の商品を販売するアフィリエイターや、Google広告などをサイト内に貼りつけて稼いでいるアドセンサーのサイトやブログが表示されることの方が多くなっているのです。

アフィリエイターには物理的にかなわない

ビジネスをしている起業家は、専門スタッフでもいない限り、ずっとブログを書いているなんてことはできません。
ですが、アフィリエイターは、それこそ一日に何記事も、ずっと書き続けています。

なので、今現在の「コンテンツマーケティング」と呼ばれるグーグル支配のルールの下では、アフィリエイターの方が上位表示に有利なのです。
とにかく量、量、量。

しかも、本をリライトしたりしているので、コンテンツの質も高い。
勝負になりません。

さらに、「検索されるキーワードのレベル=表示される記事のレベル」ということを考えると、検索する人がそのことについての初心者であるほど、検索になれていないほど、初心者向けの記事、つまり、アフィリエイターさんでも書けるレベルの内容の記事が表示されます。

それは、仕方がないことです。
記事を書いている人が商売狙いなのか、クリック広告狙いなのか、ボランティアだろうが、検索エンジンにはわからないですし、関係ないからです。

また、ブログやホームページに自社商品を掲載して、「ネットから集客したい」と考えているような事業主は、アフィリエイトなどで利益を追求している人たちに比べて、ネットマーケティングを勉強をしていません。

アフィリエイターさんは、上位表示が仕事のようなものですから、そのための努力をめちゃくちゃしています。
有能アフィリエイター・アドセンサーと呼ばれる人は、検索エンジンやネットに関する知識スキルが、あなたと比較にならないほど持っていると考えてください。

アフィリエイターにも弱点がある

もしあなたが、ネット集客をしたいのなら、ブログやホームページからお客さんを取りたいのなら、そんなアフィリエイターさんと戦わなければなりません。

彼らは本気です。
1人で100サイト以上も運営している人もいます。

ただ、面白いことに、彼らはその商品ついては素人です。
専門知識がないのです。

たとえば、シャンプーを代行販売しているサイトがあるとします。
そのサイト運営者であるアフィリエイターは、そのシャンプーに関する知識なんてほとんどありません。

しかし、本業でシャンプーを製造している会社よりも、検索結果が上位に来ることがあるのです。

それがやっかりなのです。
なぜ、彼らのサイトが上位にくるのか?

それは、グーグルの方針によるものです。

グーグルの決めたルールとは?

グーグルの方針とは何か?それは、「検索エンジンユーザーのためになる情報を上位にする」ということです。

もし、あなたが、「頭皮にやさしいシャンプー」を探しているとして、ある特定メーカーの商品だけを紹介しているサイトと、アフィリエイターの作った「シャンプー比較サイト」(結局は、アフィリエイトをしている特定メーカーに誘導するとしても)と、どちらが「ためになる」と感じますか?おそらく、比較サイトでしょう。

グーグルは、中身のない即席サイトを判別するために、200を超えるさまざまなアルゴリズムを駆使して、ホームページを解析しています。
ドメインエイジ(簡単に言えばホームページができてからの年数と考えてください)や、被リンク数などを測定してランク付けするのですが、実際に、アフィリエイターさんのサイトの方が詳細情報を提供しているので、勝てないのです。

消費者のための情報とは?

詳細情報は、その商品についての詳細という意味ではありません。
「消費者のための情報」です。

その視点が、個別のメーカーのホームページにはありません。
ですので、今のグーグルのルールの下では、アフィリエイターさんのサイトに勝てないのです。

つまり、「グーグルは、あなたの商品をPRするためには存在していない。
消費者に、判断材料、知恵を提供するために存在している」
と考えると、記事を書きやすくなります。
もちろん、それに限らないのですが、そう思っているだけで、上位表示できる記事を書けるようになります。

実際に、どのような記事を書けばよいのか?

例えば、お化粧品があるとします。
その化粧品のホームページを、上位に出てくるアフィリエイターの化粧品サイトよりも、上位に出てくるようにするにはどうしたらよいと思いますか?

使い方や成分、一般的な美容用語、使った時の感想などを書く程度では、アフィリエイターさんには勝てないでしょう。
ミドリムシがどうしたとか、新成分の卵殻膜(らんかくまく)、プロテオグリカンが、などと書いたところで、かなわないわけです。

ですが、あなたが化粧品を取り扱っている企業なのでしたら、或いは、開発メーカーなのでしたら、開発秘話を書いたり、製造現場を取材したり、現場の営業さんの想いを書いたり、アフィリエイターさんには書けない、知りようもないコンテンツを、たくさん書くことができるのです。
その中に、消費者の心を動かす情報や、キーワードがあるはずです。

どんな商品にも、海外に出かけていっていろいろな交渉をしたとか、寝れない日々があったとか、そして、生まれた新成分だったりとか、お客様からの歓びの声だとか、容器へのこだわりだとか、いくらでも情報はあるでしょう。
消費者のためになる基礎情報に「現場の情報」をしっかりと加えて、あなたにしか書けない情報を発信してください。

The following two tabs change content below.
新井一
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。
新井一
About 新井一
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。