facebookを上司、同僚に見せたくない場合には?

マーケティング

facebookを使っていると、プライバシー設定をしたくなる時があります。会社の上司、同僚、取引先からの友達申請などは、正直断りづらいですが、内容は見せたくないですもんね。

そんな時には、制限リストを使いましょう。内容を見せたくない相手を、とりあえず制限リストに入れてしまいます。

そして、facebookの右上、プライバシ―管理の錠のマークから、「私のコンテンツを見ることができる人」を選択し、「プレビュー」を選択します。「特定ユーザーへのプレビュー」をクリックして、見せたくない相手の名前を入れてみましょう。その人からどう見られているのかが確認できます。

The following two tabs change content below.
新井一
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。
新井一
About 新井一
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。