コンサルタントの集客方法~成功する先生の戦略

コンサルタント

コンサルタントは「教える人」、「導く人」です。

よって、どんなに契約が欲しくとも、職業柄、見込み客に対して、露骨な営業&集客活動をすることはできません。

「どうも~、毎度お世話になっておりますぅ。先生の●●です~。」

と、ペコペコと頭を下げてくる人、集客に一生懸命な人、コンサルタントとしてどうでしょうか?

頼りないですよね。

クライアントの目線で見れば、コンサルタントは頼れる・強い、自然体の、人間的に大きな人であって欲しいものです。

では、よく見かけるダイレクトメールや、縦長のセールスレター型ホームページに、誇大広告気味のキャッチコピーを並べ、頼れる先生をアピールすることがよいのでしょうか?

残念ながら、それらの手法は単なるお金の無駄使いに終わってしまうばかりでなく、見込み客からの信頼を得ることもできないでしょう。

コンサルタントは普通の商売とは明らかに違うのです。一般企業が行うような営業&集客はできないのです。

では、そんな先生は一体どうすればよいのでしょうか?

成功コンサルタントの特徴・共通点

コンサルタント

特定分野の専門家として、そして経営者として成功するコンサルタントは、どのようにビジネスを構築しているのでしょうか?

実は多くの成功コンサルタント共通している成功ポイントは、少ない時間で多くの結果を出せるように「時間にレバレッジを効かせている」ことにあります。

少ない時間と労力で、最大の効果を得ることを常に考えるのです。

売れている先生は業務を「効率化/定型化」して時間を確保している

女性コンサルタント

コンサルタントの最初の課題、それは「時間の確保」です。実務に追われるコンサルタントは、営業&集客に割くことのできる時間が限られています。

コンサルタントがやるべきことは、業務品質を落とさずに「自分でやらない/定型化した/時間のかからない営業&集客活動の仕組みを構築すること」なのです。

チェックリストや診断表などのツールを上手に活用し、同じアウトプットを繰り返す労力を最小化するのです。