ブログからの集客方法

ブログ

ブログからの集客方法は、簡単なように感じる割に、実際は難しいものです。

ブログから集客が出来ない最大の理由は、更新を続けなければならないから。
そして、それができない人が殆どだからです。

ブログは検索エンジンに強い?

「検索エンジンからアクセスがあるのではないか?」

「ブログは検索エンジンに強いと聞いたが?」

というお問い合わせをいただきますが、一般的な外部サービスを利用する場合(アメブロや、ライブドア、楽天など)、基本的には同一ドメインの下にブログが構築されるため、検索エンジンには最大4ブログまでしか表示されません。(※ 100件表示の場合は変わる)

要するに、検索からの集客の前に「ドメイン内集客競争」が存在するわけです。

ですので、外部サービスを利用するブログは検索エンジンからのアクセスも確かに少しはあるのですが、よほどニッチなテーマや固有名詞をたくさん含んだ記事を書き続けていない限りは、検索エンジン集客をあてにすることはできません。

ポータルサイト内の露出、つまり、アメブロを書くのならアメブロユーザーを引き込むことに注力しましょう。

その場合は、検索狙いのための記事のように質を高めることよりも、更新頻度、日々数多くの記事をアップすることが大切になってきます。

※ 敢えて検索狙いで外部サービスのブログを書いて行く場合、はてなのproがよいと思います。

ブログからの集客方法のポイントは、「こまめに更新を続けること」につきます。

そして、その記事をSNSでバズらせることです。

そのためにも、「ブログを何のために、誰のために書くのか」を明確にすることが大切です。

他のメディアと書く内容を分けること

商品への思いやこだわりを綴るなど、ホームページの商品紹介ページとはちょっと違う角度で書くなども面白いかもしれません。

ネタが尽きにくい、簡単なものは活動報告です。

そして、ブログを書く目的はもちろん、ホームページに集客し、最終的には商品を買っていただくことです。
ただの日記ブログとビジネス目的の最大の違いはここです。

オススメなのは、「ホームページは普遍的なノウハウ」や「業務的なこと」、ブログやSNSは「活動報告を通じて個人的なことや人間性をPRする場」と「バズらせるためのトレンド情報配信」という形でわけることです。

もちろん、ブログを書くための別の目的が見つかれば、それはそれで構いません。

ネタさえあれば、日々変わるノウハウをアップデートするなどでも構いません。
大切なことは続けることです。

ブログのアクセスを増やすには?

ブログから集客するために最初にやることは、とにもかくにも「PV(アクセス数)」を増やすことです。

アクセスを増やすためには、外部サービスの場合には、更新回数を増やすこと、そして継続的に定期的に書くことです。

2017/03/10追記
注:ワードプレスなどで独自ドメインで運用する場合には、回数よりも品質重視。

ブログは投稿された記事が蓄積されていきますが、外部サービスを利用する場合は、上述の様にブログ内競争がありますので検索エンジンはあてにできません。

検索からの流入を狙う場合には、ワードプレスなどを利用し、独自ドメインでブログを運用しましょう。

また、読者が検索しそうな検索キーワードを考え、、記事タイトルや本文にその検索キーワードを含めておく必要があります。

タイトルは記事の内容に応じて、また、キャッチコピーであることを認識して、しっかりと決める必要があります。

タイトルの文字数

30文字くらいが適切。

真似る

上位にある、人気化している記事のタイトルの付け方、内容を参考にする。(はてなエントリーなども参考に)

数字を入れる

ノウハウ系記事なら、数字を入れると目を引く。

専門家記事

ノウハウ系記事を書くのでしたら、その道のプロとしてきちんとした情報と根拠を書く。

誰のための何

対象読者がわかるようにしておく。(※ 初心者のためのなどは効果的)
検索意図(インテント)を外さない。

チェックリスト系

1、2、とまとめていくようなものは人気化しやすい。(※ ●●の7つのポイントなど)

キーワード

一応、タイトルの前半に検索キーワードを入れておく。

ブログで本気に当てにいくのならコレ

長文を書く

読み切れない長さ、チェックリスト系が「はてブ」がつきやすくてお勧め。

あるある系の面白記事を書く

フェイスブックなどで拡散されるとアクセスが増える。

話題のニュースを独自の視点で解説

あなたらしい解説や図説をつけることで注目される。

議論を巻き起こす

ブログに極端な意見を書き、ソーシャルメディアで拡散させる手法。

豆知識ネタを書く

特にすぐにできる節約系の知恵記事が人気になりやすい。

ブログは見込み客とのコミュニケーションの場

人気ブログにはコメントがたくさんつくという特徴があります。
外部サービスを利用するブログであば、コメントされればコンテンツが増えることにもつながり、アクセスが増えていきます。

心ない書き込みやスパムコメントもつくため、コメント機能をオフにすることもひとつの考え方ですが、できればコメントは広く集めたいところです。

また、ブログは、テクニックの前に「想い」が大切です。

フェイスブックやツイッターとの違いは、「長文」で想いを伝えることができる点です。

その他の機能、速報性は他のメディアに取って代わられつつありますが、この長文で訴えるチカラ、ずっと残る記録として綴る継続のチカラは、ブログに勝るメディアはありません。

ブログを通じて、すぐに商売繁盛、集客成功ということはあり得ませんが、私の感覚では、最低でも半年、普通なら2年、3年と、毎日更新を積み重ねれば効果が現れてくるものと思います。

ブログは記事が蓄積されていく仕組みのメディアです。

フェイスブックのタイムラインより長文で、しっかりと過去にお客様との間で発生したコメントややり取りが記録されていきます。

見込み客があなたを選ぶ重要な判断基準となります。
だからこそ、毎日の積み重ねが大切なのです。

長文の更新が大変な場合には、その場合、検索流入は期待できませんが、フェイスブックと同じ文で短いものでもOKです。
とにかく更新を続けましょう!

ちなみに、私は起業についてのアメブロも書いていますが、それは検索からの流入は諦めています。
検索からの流入は、このブログ(ワードプレス)に集中しています。

アメブロの方は、日々更新してアメブロコミュニティーから来ていただくこと、たまにフェイスブックにお知らせして読んでいただくことに注力しています。

それが効率がよいのです。