ブログのテーマは絞り込んだ方がよい? 複数ブログに分けた方がよい?

blog

ホームページやブログは、絞り込んだテーマごとに分割した方がよいと言われていますが、それは本当でしょうか?

私自身もたくさんのブログを書いていて日々更新をしていますが、分散している分、成長が遅くなっている感は否めません。これから始める人からは、よく質問をいただきます。テーマが複数ある場合、1つのブログに集約するか、それとも複数立ち上げる必要があるのか、以下に、私なりの今の段階での結論を・・・。もちろん、今後、トレンドやSEOの変化によって変わるかもしれませんが。

今日の段階で、経験から言いますと、『ブログはひとつに集約するべき』と結論。但し『ブログ』の場合はそうでも、『ホームページ』となると、商品の分かりやすさに影響が出ない範囲まで。例えば、ひとつの会社で不動産投資とカメラ輸出をやっているような場合、さすがにこれらのホームページは分けた方がよいかなぁということ。

ブログは集約すべきとするこのブログとは、いわゆるトレンドアフィリ用のブログであったり、日記的なブログであったりする場合で、各ホームページ内についている内部ブログとは異なります。ホームページを分けてしまった場合、ブログを分けることも難しくなります。 うーん・・・できなくもないけど。。

ブログに人を集めて、アクセスがないホームページに振り分けて飛ばす。そんな運用もあるのかもしれないですが、やっぱりワンクリック遠くなる分ホームページの力は弱くなるので、やっぱり各WEB内にあるブログに直接アクセスがある方がいいですよね。

結論・ブログとして運用するなら集約した方が楽

複数の事業があって、ホームページを持つ必要がある場合には、やはりお客様の混乱を避けるためにもテーマを集約し、ホームページ(とその中に組み込まれたブログ)は分けるのが親切だと思います。ですが、ブログだけとりあえず書く、アクセスを集めてアフィリやアドセンスで稼ぎたいという場合には、ブログをひとつに集約した方が楽でしょう。

時間が節約できますし、通勤時間でスマホでブログを書く人などには、管理がシンプルな方が続けやすいですね。ブログは毎日更新するのが基本。となればブログは少ないほど維持が簡単ですし、記事の質も高めることができるでしょう。ひとつのテーマでブログを書き続けるのは、実は結構大変。それなりの知識が必要だったり、自分なりの意見がないとしんどくなってきます。

ネタが尽きない方が続けていて楽しい

ブログを書くのが続かなくなる理由の一つに、『ネタが尽きた』というものがあります。実際は何かがあるのかもしれませんが、探す気力すら失せてしまう、飽きてしまうということもあります。専門的なブログを始めると、インプットよりもアプトプットの方がペースが早くなってくることが多いので、しんどくなってくるのです。

次第にネタがなくなれば、頑張れる人はネットで調べたり、本を買ったりして頑張ります。ですが、それも続けるのは大変です。次第にプライベートをさらしたりするようになり、フェードアウト・・・。そんなことになるよりは、何でもかんでも書けるブログにしておいて、目に入ったものを何でもテーマにしてしまう方が気が楽かも。。。

1ページ・1テーマ・1SEOで勝負!

専門店化するか、ドンキホーテや百貨店みたいにするか。結局はその違いですが、今は『1ページ・1テーマ・1SEO(キーワード)』でも上位表示も可能になっているので、特にビジネスとして売っている商品がないのであれば、ブログはまとめてしまっても大丈夫と思います。長く続けるのが一番ということで。。

ただ、繰り返しになりますが、本気でやる場合やビジネスとしてホームページと組み合わせて運用する場合には、やっぱりテーマを絞っていく必要がありますので、テーマが複数ある場合には複数のブログを書くことになります。なので、ビジネス自体を絞り込めれば媒体も絞り込めるということで、まずはブログもビジネスも、集中する意味でも絞り込んでみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。
新井一
About 新井一
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。