商品解説文章の書き方で売れ行きは決定的に変わる!?

マーケティング

経営者になると、よい商品を作ることを考えます。ですが、同時に、その商品をいかに売るかも考えなければ、満足のいく結果を出すことはできません。ここでは、あなたが生み出した素晴らしい商品、サービスを、いかにネット上で表現するのかをまとめてみました。

商品解説の書き方

まず、以下の情報をまとめておきましょう。

①何を
②いつ
③どこで
④誰が
⑤なぜ
⑥どのように
⑦いくらで

販売しているのか、事実を淡々と描きましょう。その次に、スペックをまとめます。

①商品名
②商品価格
③商品スペック
④商品提供方法
⑤効果・効能(Benefit)
⑥権威の声・証拠・証明(Evidence)
⑦優位性(Advantage)
⑧特徴(Feature)
⑨購入者のリスク

を書きます。そして、「写真」があれば掲載しておきましょう。そして、写真に写っていないリアルな使用感や空気感などをしっかりと文章で補足しておきましょう。

わかり易くするためには「○○だから○○だ」というように「○○があると○○のときに役立つ」「○○を知ると○○の時に使える」といった具合に書きます。

The following two tabs change content below.
新井一
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。
新井一
About 新井一
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。