メールマーケティングの基本~損をしてしまうことを伝える

メール

メール営業(マーケティング)の続きです。

顧客に価値のある情報を「繰り返し」届けたら、その次が必要です。その次とは「オファー」です。十分に価値を届け、信頼され、それからオファーを出します。しかも、そのオファーを出す際には、「急ぎ」である雰囲気を演出しましょう。

そして、読者には「このオファーを受け取るべきだ」と伝えるのではなく、「受け取らないと読者が損をしてしまう理由」を伝えましょう。

競合に負けてしまう、競争力が落ちてしまう、他社はもうやっている、などの状況があれば、それを伝えましょう。また、その後には、よいよい機会を得ることができる、売上があがるなどのメリットも伝えてあげましょう。

The following two tabs change content below.
新井一
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。
新井一
About 新井一
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。