ブログを書く時の2つのポイントとは?読者の読みたいことって何?

ブログ

最近は、ブログを書いていても全然成果がでないというご相談も多く、ビジネスを告知するためにブログを立ち上げている人が多いんだなと改めてわかりますし、その難しさも感じます。先日のコラムでもブログについて説明したのですが、さらに補足していきたいと思います。

ブログの成功には、大きく分けて2つのポイントがあります。1つは継続期間です。最低でも半年、できれば1年2年間は、毎日、続けてもらいたいのです。やめるのは簡単ですが、短期間でやめてしまっては、本当に効果があるのか無いのか判断できません。

どうしてもできないのでしたら、動画やメルマガ、広告宣伝などに「お金」を投資するとよいですね。そうすれば、ブログを書く必要はありません。ですが、広告費をかけられないのであれば、やはりある程度の期間、それなりの情報量を持った記事を、ブログから発信し続ける必要があります。

ブログからは何を発信すればよいのか?

私がいつも言うことですが、もう一度、『読者の知りたいことって何だろう?』について考えてください。これが、皆さん、なかなかできません。大抵の読者はあなたの会社のことや、私やあなた個人に関心があるわけではなく、自分のほしい情報に関してのみ興味があるのです。ですので、そこにいかに近づけるかが重要です。

例えば、読者の興味の一番典型的なパターンが「比べたい」です。私もかつて、コンサルティングでお客様を増やすには、ブログをアクセスアップするには、どうすればいいのだろう? と、様々なサイトから情報を集めました。どれが自分にできるのか、比べたいわけです。

ということは、あなたの会社の商品アピールや、自分の書きたいことばかり書いているようなブログではダメなわけです。軸になる自分のビジネスの話はあっても、お客様が他にやりそうなこと、困っていることを予測し、それを解決する情報を出していきます。

ポイントをシンプルに言い直すと・・・

つまり、2つめのポイントは、あなたの会社以外の情報も載せることです。ライバルの情報も載せます。そして比較できるようにしておきます。しかしそれだけではNGです。比較された結果、お客様に選んでいただかなくてはならないので、選ばれる理由も必要です。

価格が安いとかではなく、いかに信用をいただくか、ブログに書いてあることが正しくて全うであると、信用できそうだなと、思っていただけるかが重要です。そのために、ひたすらひたすら、信用される情報を発信していくのです。これでは、お金にならないじゃないか?と思われるかもしれません。ですが、それでいいのです。ブログですから。ブログでお金を稼ごうとは考えないでください。ブログを読み続けてくれる人の中から、いつかあなたを訪ねてきてくれる人が現れます。

まとめ

ポイントを2つ紹介しました。

1つ目は、期間。
2つ目は、お客様の本当に知りたいことは何かを考える。

どこよりも詳しく、そのためには、ライバルの情報も載せてしまう。そういう形でやっていけば、必ず集客率は伸びます。今回の記事はここまです。ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
新井一
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。
新井一
About 新井一
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。