イベントの集客方法~改善できる3つの視点

マーケティング

交流会や朝カフェ、婚活パーティーや各種セミナー、勉強会など、世の中にはたくさんのイベントがあり、毎日たくさんの案内が届きます。Facebookのイベント機能などでも、読み切れないほどのイベントが立ち上げられています。セミナー告知ポータルサイトも無数に存在し、たくさんのイベントが告知されています。

ですが、特にFacebookのイベント機能を見ているとよくわかるのですが、企画されてはキャンセルを繰り返していて、多くの人が集客に苦戦している様子が伺えます。せっかくイベントを立ち上げ、会場を予約しても、集客方法の選定の段階で失敗していて参加者が集まらず、お客様に価値を伝える機会が持てない。そんなことが起こっているのです。セミナーと違い、交流会という名目でイベント開催する場合には、特に集客は重要になります。しかし大抵の主催者はイベントの集客方法を知らないため、招待券をばらまいて身内の人数を増やして、その場しのぎを繰り返しています。

なぜ、イベントに集客できないのだと思いますか? 答えは簡単で、集客方法に3つの大きな間違いがあるからです。その3つを改善しない限り、イベントに人が集まる事はありません。

改善ポイント1:ターゲティング

これだけたくさんのイベントが毎日開催されている時代です。イベントに参加する人がいないわけではありません。分散しているのです。選択肢が多いために、あなたのお客様は別の会社が主催するイベントに出かけてしまっているのです。では一体なぜ、あなたのイベントは選ばれずに、他のイベントが選ばれたのでしょうか? そこの部分を考えずして、イベントの集客方法について改善することはできません。

集客方法の改善で大切なのは、『誰に来て欲しいのか?』を明確にすることです。イベントの場合は絞り込みをする必要はありません。ただし、誰に来てもらいたいのかは明確にしなければならないのです。あなたのイベントに来る価値、あなたのイベントの最大の魅力、どのような人に対してどのような価値や魅力を提供できるのか、あなた自身がこれを言語化できているでしょうか? ここが大きなポイントです。単純に『みんな集まれ!』では、何が手に入るのか参加者にはわからないのです。

また、集客方法の改善を考える際には、『価値の伝達方法』にも注意が必要です。参加を検討している人がそのイベントの内容を冷静に見た時、『これはただ売り込みされるだけだな・・・』と感じてしまうイベントがたくさん存在します。そもそも、売り込みされるためにわざわざイベントに足を運ぶ人などいません。あなたがコンテンツをPRする方法ひとつ間違えれば、『私たちはあなたに売り込みをしたいのです。来てください!』というメッセージを届けていることと同じなのです。多くの主催者がここでつまずいています。

これはどういう事かといいますと、『あなたが企画したイベントの価値は、参加者にとっての価値と異なっている』ということです。私は多くのイベントの企画や集客方法のコンサルティングをしていますが、その会社が書いているチラシやメルマガの内容を見ると、大きく間違っていることがよくあります。その間違いはもちろん、イベントの名称、タイトルにも現れてきます。独りよがりのタイトルになっていることがなんと多いことか! 驚いてしまうこともあります。自分のことは自分ではわからないものです。起業家にコンサルティングをする会社でさえ、信じられないようなマーケティングをしていることが多いのです。

イベントの名称は、わかりやすさはもちろん、魅力が伝わるものでなければなりません。行ってみたくなるものでなければ、あなたの企画を叫び続けたところで、何も届かないのです。集客方法改善の基本になる部分です。

また、あなたが来てほしいと考えるお客様が、参加しやすい曜日や時間帯、場所についてはどうですか? これもターゲティングのひとつです。その人にとって重要なセミナーであれば、どのような場所であっても貴重な情報が得られる思えば参加者はやってきます。集客方法をどうこう言う前に、マーケティングが要らない状態ができるのです。ですがイベントは違います。イベントは一般的に浅く広いものです。そのような性質の集まりには、アクセスの良さが必須条件と言えます。

経営者相手のイベントであれば、中心街で平日の日中に開催してもよいでしょう。しかし一般の個人であれば、週末や一般的にノー残業デーであることが多い水曜日の夜など工夫する必要があるのです。ただし、その分ライバルが多いともいえます。だからこそ企画が重要なのです。

ターゲティングで最後に重要な点。そのターゲットにアプローチできるメディアを利用していますか? という視点です。例えば高齢者・シニア層集めたいと思っているのに、Facebookやメルマガで告知しても、なかなか難しいでしょう。また、起業したいと思ってる人集めるイベントであれば、それこそFacebookで告知しても効果がありません。それで集まってくるのは、起業したい人に何か売り込もうと思っている集客力のない個人事業主ばかりです。

あなたがターゲットとしている人たちが、どのような媒体から情報仕入れているのか? そこを徹底的に研究する必要があります。そして、その媒体はものすごいスピードで入れ替わります。その媒体を複数発見したら、何度も何度も、そこに繰り返し告知していく必要があるのです。

改善ポイント2:伝える技術

繰り返し告知するとは言っても、意味のないことをしていませんか? 魅力の無いコンテンツを繰り返し告知する行為は、スパムのようなものです。SNSを使っていればすぐにブロックされ、表示を消されてしまうでしょう。メルマガも同じことです。開封することなく削除されるか、迷惑メールに登録されてしまうでしょう。では一体どうすれば良いと思いますか?

イベントの告知は情報量が多くなります。魅力を伝えようとすればするほど、読む側にしては面倒なものになるのです。人は自分が必要としている情報、自分を痛みから救う情報に関しては、いくらでも探し続け、読み漁ります。しかし、そこまで思わない情報に関しては、長い告知文などは面倒なだけなのです。

あなたが想像している以上に、あなたの書いている文章は読んでもらえません。『またこのメール来たよ』というレベルです。事実、メルマガを送っても、ほとんど反応がないのではないでしょうか? もう、あなたの告知は飽きられているのです。なので、イベント集客がうまくいかない事は当然のことなのです。

ただやはり、最後まで読んでもらいたいと思いますよね? その場合、どのように告知をすればよいのでしょうか? 答えはたくさんあります。セールスライティングの非常に重要なノウハウの部分です。私のメルマガを読んでいただき、そのエッセンスを知っていただければと思います! メルマガの効果が改善します。

一例をあげれば、やはり重要なことから書いていくということです。なかなか本題に入らないようなメールは、すぐに削除されてしまいます。また、告知期間は長すぎても短すぎてもいきません。長すぎれば、当日までにたくさんのキャンセルが生じます。短すぎれば情報が十分に足りません。現代人はますます忙しくなるばかりです。早めに予定を確保してもらうことが重要ですが、判断を先送りされてしまうほど長すぎてもいけない。この辺のバランスが重要です。

『重要な部分から書き始める』ということですが、では一体何が重要なのかご存知ですか? あなたにとって重要なことではありません。参加してくれる方にとって重要なことです。『わかっちゃいるけど・・・』この視点が抜けていることがとても多いのです。例えばあなたの会社がどれだけ大きかろうが、あなたの会社が何なのだろうが、それがお客様にとってメリットであれば重要ですし、そうでもない場合は、そんな話は後回しにしなければならないのです。

『共感』という言葉をご存知ですか? ソーシャルメディアマーケティングが主流になっている今、この『共感』がとても重要なキーワードになっています。確かに、お客様にとって重要なことを強調しなければなりません。強調しなければ一切伝わりません。しかしそれだけではダメなのです。強調しすぎれば、胡散臭さや、前述のような『売り込まれる感』が増していきます。一方的にあなたが『これは参加者であるあなたの為ですよ』とおしつけるほど、『べき論』を展開するほど、読み手の心は離れていきます。あなたのメッセージは『共感』を得る必要があるのです。

では、共感はどのようにしたら得られるのでしょうか? イベントの集客方法で大事な共感とは、見込み参加者の現在の状況について、心を寄せることに他なりません。これができていない主催者が非常に多いのです。自分のところに来るメリットばかりを強調しすぎて、今現在のお客様となる人たちの心の状態や不安、期待、あなたに対する懐疑的な目について、一切触れることがないのです。

自分の会社の実力を過信してる時にも、同じような問題が起こります。常にあなたの会社は無名であり、あなたのことなど誰も知らないのだということを忘れないようにしてください。丁寧に説明することこそ、初めてのお客様の気持ちをリラックスさせることができる唯一の方法なのです。ほんの一点でも、『この会社大丈夫かな?』と思われれば、申し込みされる事はありません。有料イベントの場合は、なおさら注意していただきたいですし、無料イベントだからかえって怪しいと感じる人さえいるのです。『あなたは誰にも知られていない』そこを忘れないようにしてください。

改善ポイント3:拡散・バイラル

身内でもない限り、あなたのイベントに協力してくれる人はいません。集客を手伝ってくれる人もいませんよね? イベントの集客は主催者が中心になってやらなければならないものです。だからこそ、集客方法をきちんと学んで基本通りにやっていくことが重要です。イベントを主催する人は、そのコンテンツについてはプロであることが多いですが、イベント集客方法については素人であるからです。

もし、あなたのイベントをあなたに代わって告知してくれる人がいたら、とてもありがたい存在だと思いませんか? そのような人をどのように生み出すのか、そのやり方を知りたいと思いませんか? そのような人のことを、いわゆる『ファン』と言いますが、ファンであったとしても、告知の協力までしてくれる人はほとんどいません。利害関係のある人だけが協力してくれるのが普通の状態なのです。

あなたには何人のファンがいますか? その中の何人があなたのイベントの集客に協力してくれますか? 協力すると言ってくれる人たちは、どれだけの発信力を持ってますか? ほとんど期待できないでしょう。それが実際なのです。では、誰にもイベント集客を手伝ってもらえないあなたが、自分の力でどのように集客をするのか、考えてみましょう。イベントの集客方法はいろいろありますが、一人でできることをきちんとやりきり、その後にファンたちの支援を期待せずに待ちましょう。

まずあなたがイベントの企画をしている時、そのプロセスを公開してみましょう。会議の様子はもちろんのこと、進捗状況等を逐一報告していきましょう。あなたのイベントに対する思いや熱意を伝えることで、興味を持ってくれる人が増え、期待感も高めることができます。『準備できました!今日から告知を開始します!』というやり方は、マーケティングの視点から考えればとてももったいない、『この主催者はあまりマーケティングの知識がないのかな?』という感覚すら持ってしまいます。

Facebookなどのソーシャルメディアで拡散してもらうためにも工夫が必要です。イベントの告知をFacebookでしてる会社をよく見かけますが、とてももったいないやり方をしていると思いませんか? 効果ゼロなのではないかと心配になってしまうくらいです。そういう広告を見たことはありませんか? よかったとしても『ふーん』くらいしか感じない広告。お金をドブに捨てているのものですね。

ではどうすれば、Facebookなどのソーシャルメディアでイベント集客ができると思いますか? どうすれば、あなたのファンたちが、イベントの集客を後押ししてくれると思いますか? ぜひ、私たちが展開しているイベントやセミナーに学びにいらっしゃって下さい! 見込みのあるあなたには、個別コンサルティングもご提供できます。集客の苦労から解放されれば、あなたはよりお客様へのサービス提供に集中することができ、それがさらにお客様の喜びを、そして満足度を高めることにつながり、イベントの集客が楽になっていくのです。

メルマガを闇雲に送信し続け、意味のないFacebook広告を打ちまくり、招待券をばらまき、来てくれた数少ない本物の参加者に、これぞとばかりに売り込みまくる。こんな状況から、いち早く脱却してください。長期的に安定的にイベントに集客し、お客様との関係性を築いていく。そのやり方をいち早く知ってください。これを知らなければ、どのような未来が待っているかご存知ですか? 考えるのも嫌ですよね。枝葉の知識を中途半端に集めているのではなく、基礎からあなたのビジネスをしっかりと再構築し、あなたのイベント集客方法を確立してください!

The following two tabs change content below.
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。
新井一
About 新井一
2007年、集客支援をスタート。全国で1000回を超えるビジネスセミナー・講演、10000件以上の相談に応じてきた実績がある。テレビやラジオ、雑誌などマスコミにも多数登場し、独自のマーケティング理論・集客・高単価セールスメソッドを公開。経験・実績に基づいた、わかりやすいセミナー・ノウハウの解説、コンサルティングには定評がある。