LinkedInのステータス~常にアップデートし、見える化しておくことが...

マーケティング
2013-02-07

ネットマーケティングを楽しく知るには、メールマガジンをどうぞ!^^

リンクトインのプロフィール品質を上げ、たくさんのコネクションがついてきたら、自分から売込みをかける必要はなくなってきます。コネクションと信用が、さらなるコネクションを呼び込むようになるからです。

プロフィールの最上段には、再審のアクティビティを表示する欄がついています。何も書いていなければ何も表示されませんが、そこにポストをしていくことで、プロフィールが生きている、アクティブ感を出すことができます。

多くの時間を割いて、しっかりとした記事を書く必要はありません。重要なアップデートを、一日2度も書くことができれば、十分です。フェイスブックのように、何度も何度もプライバシーを報告する必要はありません。

では、LinkedInでは、どんなアップデートを掲載するべきなのでしょうか?

フェイスブックとは違い、今日のランチがどうしたとか、どこの場所に来たとか、そういうことではありません。

専門性をPRするQ&A
知り合いの専門家の紹介
重要な情報のシェア

いわゆる、ビジネスにおける重要な事項を、一日の業務として2、3回でもアップできれば、それは大きな力になります。

どのような情報が求められているのかは、「その他」メニューから「LinkedIn Today」を見てもいいでしょうし、その他のメディアのニュースを参考にしてもいいと思います。

見込み客となるコネクションの人たちも、全てのアップデートを見ているわけではありませんが、更新されている露出が多くなることで、チャンスは格段に増えてきます。リンクトインのアップデートは、BtoBの事業をされるのなら、必須の「ルーチンワーク」と言えるでしょう。

LinkedInのアップデートは、強力な販促ツールとなり得ます。リンクトインの可視化を進めていきましょう!

無料PDFレポート【月5万円を稼ぐホームページの作り方】

point マーケティング・コラム

マーケティング診断

メールマガジン

mailform

Copyright(c) Personal Business Brains All Rights Reserved.