facebookを上司、同僚に見せたくない場合には?...

マーケティング
2013-02-01

ネットマーケティングを楽しく知るには、メールマガジンをどうぞ!^^

facebookを使っていると、プライバシー設定をしたくなる時があります。会社の上司、同僚、取引先からの友達申請などは、正直断りづらいですが、内容は見せたくないですもんね。

そんな時には、制限リストを使いましょう。内容を見せたくない相手を、とりあえず制限リストに入れてしまいます。

そして、facebookの右上、プライバシ―管理の錠のマークから、「私のコンテンツを見ることができる人」を選択し、「プレビュー」を選択します。「特定ユーザーへのプレビュー」をクリックして、見せたくない相手の名前を入れてみましょう。その人からどう見られているのかが確認できます。

無料PDFレポート【月5万円を稼ぐホームページの作り方】

point マーケティング・コラム

マーケティング診断

メールマガジン

mailform

Copyright(c) Personal Business Brains All Rights Reserved.