ブログの信頼性を高めるには、自分が感じることの逆を行け!...

マーケティング
2017-03-10

ネットマーケティングを楽しく知るには、メールマガジンをどうぞ!^^

新井@パーソナルビジネスブレインズです。
毎日、起業したい人、起業したばかりの人の、集客、ネットマーケティングのご相談に乗っています。

さて、今日のテーマは、「ブログの信頼性」についてです。
ブログから集客するには、アクセスはもちろんのこと、あなたのブログの「情報源としての信頼性」も高める必要があります。
 

ブログについて
 

ブログの信頼性という意味で、「???」と個人的に感じるのが、検索結果に溢れ出てくるアフィリエイトサイトの存在です。
 

point アフィリエイトサイトを見て感じること

ブログの信頼性を高めるには、自分が感じることの逆を行け!

ネットマーケティング
 

最近、ビタミン系の新しいサプリが欲しくなり、ネットでそのサプリの評判や、より詳しい情報を得ようと検索していました。
しかしながら、検索結果に出てくる結果は、どこかで見たことがあるようなテンプレートのアフィリエイトサイトばかり。

一体、何が本当の情報で、何が正しいランキングなのか、どれが専門家の見解で、どれがコピペ/リライト文章なのか、検索ではさっぱりわからない状態だったのです。
正直、検索エンジンの限界を見たような気がしました。

このようなアフィリエイト目的の検索結果が上位を占有していて、結局、そのサプリの本当のところが分からずじまい。
もちろん、あえて悪い評判を掲載しているサイトもあるのですが、それも結局、リンクを辿っていくと、どこかのアフィリエイトにつながっていたのです。
 

このような「紹介目的」の情報であふれかえってしまっている検索エンジンは、果たして正確な情報と言えるのでしょうか?
 

いや、そもそも、ネット上に正確な情報を求める方が間違っているのだと、改めて思いました。

ウェブサイトやブログから発信される情報は、「何が書かれているのか?」の前に、その情報を「誰が書いたのか?」を確認し、その上で、その情報を信用するかしないのかを、自分で判断しなければならないのです。
 

再び、広告で見たダイエット食品について調べたくなったことがあり、ネットで検索をしてみたのですが、これもアフィリエイトの記事ばかりでした。
 

もう、ウンザリ。
 

少し前にあった、大手キュレーションサイトのいい加減な外注記事のように、何が本当で何が販売目的の誘導記事なのか、さっぱりわからないのです。
これもやはり、検索エンジンの限界なのかな・・・と思ってしまいます。

私にとっては、食べログの情報も同じように感じます。
評価やコメントが付けられていますが、本当なのかはわかりません。
行ってみたら酷かったという経験も何度もしています。(主観だと言われればそうなのですが。)
 

point 正しい情報を発信し、人に信用してもらうには?

ブログの信頼性を高めるには、自分が感じることの逆を行け!

ブログについて
 

では、逆に言えば、私たちのような事業者が、正しい情報を発信し、それを人に信用していただくには、一体どうすればよいのでしょうか?

全て顧客目線で考えると、見えてくるものがあります。
 
 

アフィリエイトサイトの場合は、

  • 誰が書いているのかわからない
  • 記事内容に信頼性がない
  • 商品の購入やクリックに誘導している

 

評価サイト(CGM)の場合は、

  • 誰が書いているのかわからない(匿名)
  • 評価は主観的でネガティブなものが目立つ
  • 評価された側が反論できない場合(仕組み)が多い

 

この逆を行くには・・・

  • 誰が書いているのかを明示する
  • 記事内容に信頼性を持たせるための根拠、証拠、専門性を示す
  • 販売に直接誘導しない
  • 客観的な基準で、ポジティブ面、ネガティブ面の両方を示す
  • SNSなどで賛否両論あれば紹介する など

 

このような条件を満たして発信できれば、いわゆるアフィリエイトサイトやキュレーションサイトにも勝る情報源になれるはずです。

グーグルもきっと、そのようなサイトを上位にあげてくれる(はず)でしょう・・・。
 

point 「何」よりも「誰」は、活動の積み上げで作っていくブランド

ブログの信頼性を高めるには、自分が感じることの逆を行け!

ブログについて
 

ブログの情報源としての信頼性を高めることができれば、それは必ずあなたのビジネスにとってプラスに働きます。
 

「何」よりも「誰」
 

どこかの誰かが勝手に書いたブログ記事よりも、新聞社のニュースサイトの方が信頼されるのと一緒で、やはりアナログ(リアル)世界での活躍が影響することは避けられません。

しかし、自分自身も、自分のメディアも、いきなり信用される存在(メディア)になることは難しいでしょう。
ですので、しっかりとした取材、証拠、根拠の提示、それができない場合には、主観と前置きした上で体験談を語る、そんな工夫を積み上げていく必要があります。

お客様のために、代わりに調べてあげる、代わりにやってみて報告して(教えて)あげる、などの付加価値を持って、しっかりとした情報を配信し続けることで、自分もメディアも「信用される」、「信頼される」存在に成長していくのだと思います。

というわけで、これもあくまでも主観です(笑)。
 

ブログからたくさんの方がセミナーに参加してくださったり、動画を観て下さったりしていることに、改めて感謝申し上げます。
今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

もし、こんなことについて書いて欲しいというご要望がありましたら、ツイッターなどでご連絡ください。
 

無料PDFレポート【月5万円を稼ぐホームページの作り方】

point マーケティング・コラム

マーケティング診断

メールマガジン

mailform

Copyright(c) Personal Business Brains All Rights Reserved.