SNSが生み出した「新・読書会」~技術発展が齎す集客の変化...

マーケティング
2012-06-03

ネットマーケティングを楽しく知るには、メールマガジンをどうぞ!^^

「ソーシャルリーディング」と呼ばれるサービスが続々と登場しています。ソーシャルリーディングとは、「インターネットなどで多くの人と本の感想などを共有する読書法」のことを意味する新語で、「本好きの人は1人で読書をするが、1人だと寂しくて、何か共感したいという欲求があるのではないだろうか」( Yahoo!辞書 : http://dic.yahoo.co.jp/newword?ref=1&index=2011000663 )という発想から、いつくかのソーシャルリーディング専門サイト(ブクレコ: http://www.bookreco.jp/ |シェアリーダー: http://shrd.jp/ 等)が立ち上げられており、フェイスブックなどのソーシャルメディアと連携し、普及が進んでいます。

2012年5月10日付の日本経済新聞 夕刊 7面に、そんなソーシャルリーディングサービスの紹介記事が掲載されています。上述の「ブクレコ」のような読書に特化した専門のSNSから、ツイッターなどの既存ソーシャルメディアを利用したオンライン読書会の開催まで、ソーシャルリーディングは広がりを見せているようです。

記事では、そんなソーシャルリーディングがもたらした効果について、「コミュニケーションのツールとして、本をもう一度捉え直すきっかけになった」点を紹介しています。読んだ本について誰かに伝えることも、メモを取ることもしなければ、数週間もすれば内容も忘れてしまい、せっかくの学びも生かされないことが多くあるのではないかと思います。ですが、共通の本を通じて人とコミュニケーションをするとなれば、内容の理解も深まる上に、人の違った視点や感想を知ることができるということからも、読書の違った楽しみ方や、学びの継続ができるはずです。起業を目指す皆さまには、読書好きで勉強熱心な方も多いようです。このようなサービスも利用して、学びをさらに楽しいものにしたいですね。

また、この記事から読み取れるもう一つのポイントとして、情報通信インフラの技術発展、つまり「外部環境の変化」が、「読書」という慣れ親しまれた娯楽に新たな魅力を付加したという点が挙げられます。私たち週末起業家がビジネスを考える際にも大変参考になる、また、考えなければならない部分でもあります。次々と新しい技術や情報サービスが生まれ、通信環境やツールが進化していく今の時代においては、自社の商品やサービスの価値にも、外部環境に合わせた変化が生じていることが十分に想定されるからです。

昨今では、外部環境の変化の一つとして注目するべき所として、スマートフォンの普及が挙げられるでしょう。先日グーグルが発表した、「世界のスマートフォン利用状況( http://www.ourmobileplanet.com/ja/downloads/ )」では、日本のスマートフォン普及率が昨年の6%から、3倍以上の20%に増加したとしています。また、スマートフォンからSNSへのアクセスは、昨年の58%から63%に増加し、日本においてもスマートフォンが急速に普及していることが調査結果として明白に示されています。(資料: http://services.google.com/fh/files/blogs/our_mobile_planet_japan_ja.pdf )

これほど外部環境に大きな変化が生じれば、自社のビジネスに与えるインパクトも大きなものがあるはずです。仮に、2010年頃までは最新と思われていたシステムや、WEB技術があったとしても、スマートフォンに対応していないとなれば、今や「古い」、「遅れている」と捉えられてしまいかねません。逆に考えれば、競合他社のサービスがあるために参入を諦めていたビジネスがあったとしても、相手がそのような環境変化への対応に遅れているとするならば、私たちにもチャンスがあるということになりますね。

無料PDFレポート【月5万円を稼ぐホームページの作り方】

point マーケティング・コラム

マーケティング診断

メールマガジン

mailform

Copyright(c) Personal Business Brains All Rights Reserved.