ツイッターのショート動画【VINE】の活用法...

マーケティング
2013-03-24

ネットマーケティングを楽しく知るには、メールマガジンをどうぞ!^^

ツイッターとの連携で人気になりつつある「VINE」アプリをビジネスに活用してみませんか?Vineとは、新しいモバイルアプリです。6秒間の短い動画をスマホで撮影でき、ツイッターやフェイスブックに簡単にアップすることができます。6秒という世界のため、写真でもなく動画でもない、という新しいメディアです。ボタンひとつで簡単に再生したり、停止したりでき、操作感もお手軽です。

では、ショート動画(ビデオ)の特徴を挙げてみましょう。

1.フォロワーを会話に参加させる事ができる
Vine動画を使用すると、フォローワーと今までと異なるコミュニケーションが始まります。ただフォローワーに問いかけるだけでなく、視覚的にうったえることができるのです。誰かに興味を与えられれば、フロントエンド商品の購入にもつながるでしょう。新しい情報配信は、関係性の向上にもなるのです。

2.ファンが紹介してくれる
あなたのファンがVineを使って、あなたの商品を紹介してくれたら、それは大きなブランド宣伝になります。ファンがあなたの商品を使用して作成した物や、生み出した結果にスポットをあて、Vineで見せると、それを見た別のファンの購買意欲を刺激し、購買につながるでしょう。

3.ファンにあなたの仕事をみせる事ができる
静止画像、文字だけをツイートするのではなく、あなたが実際どんな仕事をしているのか見せる動画を作成することで、どんな小さい会社でもCMを打つことができる感覚です。

4.豆知識・雑学を提供する事ができる
映像全てがビジネスに関係している必要はありません。ファンが興味をもってくれそうな業界の豆知識など、トリビアを載せるのも、注目を集めるよい方法です。まずトリビア的な質問を投げかけて、Vineの中で答えを出すというような方法もあります。

5.祝日をイベント化する事ができる
祝日や記念日、シーズンに関連付けたブランディングを行なうと面白いです。季節、記念日に行うプロモーションのマーケティグ動画を制作します。祝日キャンペーンをイベント化していくひとつの方法として、動画へのツイートコンテストなどを行うと面白いかも知れません!

6.新商品のプレビューを行なう事ができる
Vineを使用して先行宣伝し、顧客に近日発売の商品に興味を持たせることができます。先行宣伝のVineをリツイートした人にプレゼントがあるような、特典をつけるという方法もあり得ます。

7.企業のカラー・雰囲気を知ってもらうイメージ作りができる
企業が自らソーシャルメディアを使用する事により、人間味溢れる外部コミュニケーションの演出が可能になります。Vineを通じて、どれだけ社員が仕事を楽しんでいるかを見せるだけでなく、社員である事がいかに幸せかを見せることができれば、よい人材の採用にもつながりるでしょう。

8.ファンを公開討論・公聴会に呼び寄せる事ができる
Vineで見込み客を集客することで、ビジネスの投資収益率をあげることができます。ハッシュタグを活用し、動画をリンクさせます。規模が大きくなれば、ファンから議論を聞く機会として、ビジネスにとても役立ちます。

9.動き・サプライズの提供ができる
動きのあるお仕事をしているのでしたら、写真を撮るだけで終わらせず、動画でも視聴者を興味を共有しましょう。

10.お店に人を呼び込む事ができる
地域密着型のお仕事をしているのでしたら、Vineでショップやレストラン店内を紹介しましょう。地元商店街のイベントなどをハイライトすると面白いでしょう。

11.ブランドのストーリーを伝える事ができる
たった6秒に詰め込む貴社の歴史とストーリー。そうする事により、あなたはがいかに業界・製品に精通しており、サービスを徹底的に行なっているかを伝えることができます。結果、お客様が自らの購買行動に自信を持つことに繋がります。

12.景品を宣伝する事ができる
時に、無料オファーやプレゼントを喜んでもらえるかわからない時があります。その無料オファーを欲しいと思うほど、情報が届いていないことも原因の一つです。サンプルを欲しいと思ってもらえるだけの情報を出してみましょう。

13.生きたプレゼンをする事ができる
無料動画セミナーの視聴者を増やしたくありませんか?次のイベントにつなげるような動画撮影をしましょう。

14.商品とロゴを強調する事ができる
VINEで商品に興味をもってもらう為に、無理に無料オファーをしたり、新商品のキャンペーンをする必要はありません。VINEの中で商品を見せると同時にロゴを強調してください。新しいフォロワーに商品を見せつつ、ロゴを印象付けることはとても大切です。

15.ファンのニーズに答える事ができる
すべてのVineが商売に関連している必要はありません。貴方のターゲット層が好きだと思われる物を考えて動画で提供します。あなたの商品やサービスを客観的にみてVINEで特徴付けるのです。

16.エンターテインメント性を持たせる事ができる
直接的にはビジネスとつながらなくても、時にエンターテインメント性を持たせることも必要です。潜在顧客は、本当に楽しませるコンテンツに惹かれてくるものでもあります。

では、実際に次の5ステップで使用して、実際にVineを試してみましょう。

1.Vineをスマートフォンにインストール(現在iOSのみ)します。
2.ツイッター、もしくは、メールアドレスを使用してVineアカウントを作ります。
3.フェイスブックアカウントにも繋げます。
4.アイコンをクリックして録画をします。指で押していると録画され、離すと停止です。
5.録画が終了したら、動画をツイッター、フェイスブックでシェアします。

無料PDFレポート【月5万円を稼ぐホームページの作り方】

point マーケティング・コラム

マーケティング診断

メールマガジン

mailform

Copyright(c) Personal Business Brains All Rights Reserved.