グーグルのアルゴリズムが再び、大きく変わりました!...

マーケティング
2013-10-07

ネットマーケティングを楽しく知るには、メールマガジンをどうぞ!^^

パンダアップデート、ペンギンアップデートに続いて、今度は「ハミングバード」です。今回はアップデートではなく、フルモデルチェンジ。先月末、グーグルが発表した新アルゴリズム「ハミングバード」。一体、今後のビジネスにどう影響してくるでしょうか?

大きな流れは変わりません。コンテンツ重視で、役に立つ情報を提供しているホームページこそ、重要なページという扱いで、これは当然だと思います。

ただ、これまでは、いくら役立つページを作っていたとしても、その中にキーワードがどのくらい入っていて、どのくらいのバランスになっているのかなど、やっぱり「機械相手」の技術が必要だったことは事実です。人間本位だけでサイトを作っても、どうしても徹底的に「コンテンツ+機械本位」で作ったサイトには勝てなかったのです。今回、グーグルはこの領域に踏み込んでくるようです。

ところで、検索エンジンから、自社サイトにアクセスしてくる人が調べている検索キーワードは、簡単に調べることができます。それらを見ていると、きちんと検索している人ばかりではないことが分かります。

文章を打ち込んでいる人、ビッグワードだけの人、色々な人がいるのです。つまり、皆が「検索上手」ではないということです。インターネットになれている人は、「検索上手」になってきます。知りたい情報を得るために、どんなキーワードで検索するべきかを判断して、適切な絞り込みができるのです。

今後のグーグルは、「自然文検索」の要素が入ってくるようです。検索キーワードがきちんとしていなくても、自然な質問を入れれば、有益な、知りたい答えが載っているサイトが検索結果にでてくる。検索者が本当に欲しい情報をキーワード以外でどう読み取るのかは、天才プログラマーたちの成せる技なのでしょうが、何れにせよ有益な情報に価値があり、それが検索結果できちんと評価されるようになるのです。

この変化によって、いわゆる外部対策(主にはリンク購入・被リンクなど)は、また効果が下がってくるかもしれません。今一度、コンテンツ強化の大切さを確認し、習慣化、仕組み化を急ぎ、有益な情報を提供していきましょう!

無料PDFレポート【月5万円を稼ぐホームページの作り方】

point マーケティング・コラム

マーケティング診断

メールマガジン

mailform

Copyright(c) Personal Business Brains All Rights Reserved.